スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急蘇生術:人工呼吸は不要 心臓マッサージに効果あり 

突然意識を失って倒れた人を蘇生させるための応急手当は、心臓マッサージだけで効果があり、従来勧められてきた人工呼吸は必要ないことが、日本救急医学会関東地方会の研究班(班長、長尾建・日本大駿河台病院救命救急センター長)の調査で分かった。こうした人の救命には、そばにいた人の蘇生措置が大きな役割を果たす。人工呼吸には、口と口の接触に抵抗感を持つ人も多く、蘇生措置の実施率向上にもつながりそうだ。

 研究班は02~03年、関東各地の58病院と救急隊の協力を得て、そばに人がいる状態で突然心臓が止まって倒れ、救急車で病院に運ばれた18歳以上の患者4068人を調べた。そばにいた人から人工呼吸と心臓マッサージを受けた患者が712人で、心臓マッサージだけを受けた患者は439人。救急隊到着まで蘇生措置を受けなかった患者が2917人だった。

 倒れてから30日後の時点で、介護なしで日常生活が送れる状態に回復した割合は、両方受けた患者が4%、心臓マッサージだけの患者は6%で、人工呼吸なしでも変わらなかった。一方、蘇生措置なしの患者は2%にとどまった。

 患者の約9割を占めた救急隊到着時に完全に呼吸が停止していた人に限った分析では、回復率は心臓マッサージだけの患者が6%だったのに対し、両方受けた患者は3%で、心臓マッサージだけの患者の方が回復率が高いとの結果になった。

 また、蘇生措置の6割以上は一般の人が、残りは通りがかった医師ら医療関係者が実施したが、効果に差はなかった。

 人工呼吸は不要との結果について、長尾班長は「呼吸が止まっても12分程度は血液中の酸素濃度がそれほど下がらないことや、心臓マッサージの際の胸の動きで、空気が肺に送り込まれることなどが考えられる」と話している。

 心臓マッサージは、患者の意識がないことや呼吸が止まっていること、あえぐなど普通ではないことを確かめた後、両方の手のひらの付け根を患者の胸の中央に重ねて押す。体重をかけ深さ4~5センチまで胸をへこませた後、力をゆるめて元に戻す。これを1分間に100回のペースで繰り返す。救急隊が来るか、AED(自動体外式除細動器)が届くか、患者の体が動くまで続ける。1人では消耗するため、2分程度をめどに交代で行うとよいという。【高木昭午】

英文を読む
毎日新聞 2007年9月27日 15時00分 (最終更新時間 9月27日 15時04分)


*******



救急医学会で発表されて、口対口の人工呼吸が無意味だと証明されたら、
次のガイドラインでは人工呼吸はなくなるかもしれませんね。

でも2分200回は本当に限界・・・・。
一人だったらどうなっちゃうんだろう。。

やはり、優秀な一般市民バイスタンダーを多く輩出するしかないようですね。

がんばりたいと思います。
スポンサーサイト
コメント

一人でやるのは辛いですよね

Lancetに載った有名な論文ですよね。でも、これはガイドライン2000でのやり方の結果ですので、2005だとどうか分かりませんので、ぜひ2005の結果を出して欲しいですよね。
一人で胸骨圧迫を続けるのは辛いですね、、、、自分が辞めたらこの人は死ぬんだと思ったら辛いです。一人でも多くの人が心肺蘇生を行ってくれるような世の中にしないとですね。一緒に頑張りましょう!

ちなみに、新聞も、現在は胸骨圧迫と言うんだというコメントを書いて欲しかったですね。あるいは胸骨圧迫心臓マッサージと。

記事見ました

はじめまして(Ricoさんにはすでにごあいさつ済みですが) 九州でBLSのインストをしている「てつ」と申します。
この記事も含めて、最近はCPRの話やAEDを使った救命事例が新聞によく出ていますね。
先日も、この記事を会社のPCで見た同僚が「へー、人工呼吸ってしなくていいんだー」って言ってました。
でも視点を変えると、CPRに関する情報や知識がいろんな形で世間に流れるほど、インストは常に勉強しておかないと、受講者のニーズに応えられない、ということですよね。
うーん大変、勉強しなくちゃ!

Kim先生

このデーターは2000のものだったのですか・・
先生のブログを拝見して知りました。
2005のデーターも欲しいところですね。

胸骨圧迫という言い方は、私も最初慣れませんでしたが、胸骨圧迫って・・素人には何のことだかわからない気がしませんか?
たぶん心臓マッサージというほうがピンと来るような。。
私は素人なので、そうなのかもしれませんが、市民レベルのバイスタンダーに伝えることが大切なので、本当に胸骨圧迫と言うほうが良いのかどうかは私個人の意見としては疑問です・・。
いかがでしょうか・・。

てつさん

コメントありがとうございます♪

おっしゃるとおり、私たちは常に新しく正しい情報を身につける義務があると思います。
その点ではAHAに所属しているというのは、情報が早くていいですよね。
常に勉強ですよね。

正確には胸骨圧迫心臓マッサージです

用語は別にどうでも良いのですが、英語でもcardiac massageからchest compressionになっています。
聞いた話では、心臓マッサージと言われて、胸をなでた人がいると言う話です。胸を押すんですよ!と教えるためには、胸骨圧迫がよいだろうと現在は言われています。
心臓マッサージという言葉がすごく定着していれば別なのですが、日本ではまだ定着していないと思います(医療従事者は心マで定着していますががね)。

Kim先生

なるほど・・・そんなふうに(胸をなでる)捉える方もいらっしゃるのですね。
私自身が最初とても違和感があったもので・・。
私の中で勝手に定着してしまっていたのでしょうね。
用語はホントどうでもいいですよね。
ようはちゃんと押せるかどうかですものね。

胸骨圧迫だけのCPR

Ricoさん、こんばんは。
LANCET論文についてちょっと一言。
この論文が英文で発表されたのが今年の3月。その直後には英語圏の国では新聞やテレビで「もう人工呼吸は不要!」と大騒ぎになったようです。それを受けてAHAは機関誌の中で、「ガイドライン2000による検証だから、これをもって次期ガイドラインに直接影響することは考えにくい」という声明を出しました。きっと騒いでいる世論に冷静さを呼びかけたんでしょうね。それに続いてつい最近出た機関誌でのAHAの公式見解を見ると、今度はガイドライン変更に向けて検討を始めているというような積極的な態度に変わってきています。ただそこでも、市民向けに人工呼吸を無くすならなくすでクリアしなければいけない課題がいくつかあって、まだ未知数ということになってます。例えば、倒れている傷病者が心原性か呼吸原性かの判断をどうするかという問題。成人で最も多いと言われている突然の心停止で目の前で目撃されたものであれば人工呼吸は不要ですが、例えば水難事故の場合はどうするの? とか目撃がない場合は? 子どもの場合は? etc. そういういろいろな可能性を考えて、どういうプロトコルにしたら受講生が迷わず最大効果を発揮できるかということを検討する必要が残されています。「目撃のある成人の心停止では人工呼吸は不要である」というのはエビデンス的に確立したとしても、それをガイドラインに入れることによって、プロトコルが複雑化するのであれば、ガイドラインは変更されないかもしれないし、、、、

というところが問題なんだと思います。
小難しい話になってしまって恐縮ですが、、、

めっつぇんばーむさん

昨日、HS-AEDコース終了後にも一般の方から質問が上がっていました。
子供の場合も迷うようなややこしいことはやめて大人と同じ30-2に・・という発想から出来上がったG
2005・・それをまた、ばらばらのCPRにしたら・・という部分でAHAは人工呼吸のないCPRを現時点では見送っている・・という回答を耳に挟み、なるほど・・と思いました。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

応急手当「人工呼吸は不要」

応急手当「人工呼吸は不要」など、救急救命のニュースをいち早くチェック!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。