スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋葉原の事件において・・大切なこと。

許せない事件が当たり前のように起きています・・

いったいどんな育ち方をしたら、あんな人間が出来上がるのでしょうね。

私は育てる親の責任だと思っています。



さて・・・

ニュースで驚きの事実を知りました。

トラックに轢かれた人を助けようとした人が
背中から刺されたとのこと。

BLSでも、普通救命講習でも、ライフセービングでも大鉄則です。

「Self Resque」

助けに行った人が、事故に巻き込まれたりしてはいけません。
まず、自分の安全確認。
車は来ていないか。等・・・
この場合は犯人ですし、背後からなので、わからなかったかもしれません。
でも、自分の保身をまず第一に考える。
これは本当に大切なことなのです。


まず冷静になって、自分の周りを見回す。
このことを頭に入れておいてください。

Scene Safeを忘れないでくださいね。
スポンサーサイト
コメント

No title

CPRを始める前に安全確認は重要で、行えるでしょうが、やっている途中で、、、、なんて分かりませんよね。こんな事件二度と起こって欲しくないですね。
当直中にやってきた患者さんがナイフを持っていたら、、、なんて考えたくないです。

しかし、ひとさしで人を殺せるナイフを普通に買えると言うのはまずいんじゃないかと思います。訓練でも受けない限りひとさしで人は殺せないんじゃないのでしょうか?
現場と言うのは混乱しているので色々なのでしょうが、CPRをしている人にナイフを持った人が近づいて行ったら、、、、後ろから蹴ってやるとか、、、、無理なんでしょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。