スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンの由来・・

*是非BGMと一緒にゆったりとした気持ちでお読みくださいね♪*


CPRのトレーニング用のマネキン人形・・・・
リトルアンとかレサシアンという名前がつけられていますね。

あの名前にはちゃーんと由来があることをご存知ですか?

あのお人形の開発会社はノルウェーのレールダル社という会社です。


セーヌ川の少女秘話(レールダル社ホームページより抜粋)

20世紀初頭、パリのセーヌ川で少女の遺体が引き上げられました。危害を加えられた痕跡もなく、それは自ら命を絶ったものでした
少女の身元は確認されなかったため、当時の慣習にのっとり「デスマスク」が製作されました。そのうら若き少女の繊細な美しさとうっすらと浮かべた微笑が、彼女の死に謎を残しました。
このミステリーについて、様々な憶測がなされ、ロマンティックな物語が数々出版され、彼女のデスマスクとともにヨーロッパ中に広がっていきました。

後に、口対口の人工呼吸法を実用的且つ効果的に教えるためのトレーニングマネキンを開発しはじめたアスムンド レールダルによって、「セーヌ川の少女」は、再び脚光を浴びることになりました。彼は、この少女の早すぎる死に胸を痛め、悲劇がくりかえされないようにと、心肺蘇生訓練用マネキンに少女のデスマスクを採用。「レサシ アン(製品名:レサシアン)」と名づけました。
実物大の人体模型があれば、救急救命を学ぶ上で見た目にも生体に近づくことができ、学生にとって励みになるだろうと考えたからでした。

2005年、レサシアンは45回目の誕生日迎えました。
「セーヌ川の少女」から生まれたレサシアンは現在、世界中で何100万人もの近代蘇生の救命テクニックを学ぶ人々、救われた人々の”生命のシンボル”となっています。


アン



アン・・・それは蘇生のシンボルの女の子の名前だったのです。

色々他に親御さんが水死した我が子の名前をつけたとかのうわさもありますが、
レールダル社の↑の発表が正式な由来でした^^

びっくりしたことは・・
アンは私と結構年齢が近いのね・・ということです。
心配蘇生法・・CPR・・この言い方が市民権を得てきているのも
最近のお話・・。

みなさんがアンと向き合うとき、是非この名前の由来を思い出してくださいね。
開発者の想いも一緒に汲み取りながらトレーニング出来たら
ちょっとステキだと思いませんか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。