スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救急医学9月号と・・

めっつぇんばーむさんのブログで拝見して、注文してみた
へるす出版「救急医学 2007年 9月号」
が昨日手元に届いた。

初めて医学専門雑誌を手に取り、ざっと目を通してみたが、前半3分の1は私のレベルでもしっかり理解出来る内容だったことに加え、興味深い内容が盛りだくさんだった。

普段知ることのないAEDの歴史などは、非常に面白いと感じた。(このへんが素人なのだけど(*・・*))

この本はめっつぇんばーむさんがおっしゃる通り、次のガイドラインが発表され落ち着くまで、何度となく手にする機会があるだろう。
BLSに携わる人には、医療従事者でなくても手にして欲しい本だと感じた。


*******


☆裏話☆

この本を買おうと思ったものの、どこにどうして売ってるのかわりませんでした。
近所の本屋さんに問い合わせると、「専門誌なので一ヶ月以上かかりますよ~」とのこと。
そんなの待てない~~!!(←気が短い。欲しいものはすぐ欲しい)
もう一度ネットで検索したら、出版元がヒット!
出版社のページをよーーくみたら、TOPページの中央右側に「雑誌、書籍のご注文」のアイコンを発見
これちょっとわかりにくいって・・・と思いつつクリック♪
またでたーーーっ!
「所属」しかも必須!
仕方がない・・・BLSのときと同じように、自分のサロンの名前を書いちゃった(*・・*)
今度は「主婦」とでも書いてみようかしら・・

すぐに届きました^^
普通に・・問い合わせもなく(笑)
ご購入予定の方は出版元から購入が早いようです。
送料も書籍なので安かったです。

そして、時を同じくして、救急とは全然関係ない世界に生きていらして、
でも私の勧めで消防の普通救命講習→上級救命講習を受講。
三重県某市で「市民救急の家」とかに指定されちゃった友人から
HCP取得のお祝い?として某車会社の「救急セット」をプレゼントして頂きました。
(付属していた冊子はG2000でした)
これがなかなかの内容で、手袋、三角巾、薄型の保温シーツまで入っています。
車に積んでおこうと思います。



救急医学

スポンサーサイト
コメント

No title

こんばんは。お疲れ様です。
興味深くいつも拝読させていただいています。
AHA-BLSのプロバイダー、そして、インストラクターへと頑張っておられますね。バックグランドが医療従事者ではないのに凄いことだと思います。
ぜみ、インストラクターになってさらにBLSを広めていって下さい。応援しています。

さて、少し書籍(専門書)の話題が書かれていたので、私もお奨めの書籍がありますのでご紹介させていただきます。

すでにご存じかも知れませんが、
学研から「BLS:写真と動画でわかる一次救命処置[DVD付き]」という本が発売されています。
これは、若干医療従事者向けですが、へるす出版の「救急医学 2007年 9月号」 を読んでご理解できるRicoさんなら、十分にお解りになると思います。また、DVD付きですので映像でも楽しめると思います。

http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1415236700&reco=similarity2

余談ですが、姉妹書として「ALS:写真と動画でわかる二次救命処置(DVD付)」も発売しています。

http://shop.gakken.co.jp/shop/order/k_ok/bookdisp.asp?code=1415240900&reco=similarity2

BLSはホント大事ですね。BLSなくしてALSはないです。

AHAのインストになれますように頑張って下さい。
応援しています。
では、失礼いたします。

kenさん

こちらへもコメントくださってありがとうございます^^
とっても嬉しいです。

さて、書籍のご紹介をありがとうございます。
今手元に専門書がたまりにたまって参りました(笑)
11月のアロマの試験が終わったら、ご紹介の本も検討してみます。
本当にありがとうございます♪

この本は読みやすいです

学研の「BLS:写真と動画でわかる一次救命処置[DVD付き]はわたしも持っていますが、とても読みやすい本だと思います。DVD付きなのに値段も安いし。
病棟に寄付しようかな・・・?

nori_coさん

nori_coさんもお勧めですか?
それはますます興味が沸きます。
今の手持ちの本を読んでから手にしてみようかしら・・♪

私もオススメします

「BLS:写真と動画でわかる一次救命処置」、私もオススメに一票。

この本のいいところは、AHAとERC、日本版ガイドラインの違いなどもしっかり書かれているところ。ALSにつなげるという意図があるので、ちょっと踏み込んだところまで書かれていますが写真が多くてわかりやすいです。以前私のブログでも少し議論になりましたが、医療者向けのBLSテキストとしてはいちばん中立的な感じでいい本です。写真がDVD画像からのキャプチャーでちょっと粗いのが気になりますが、内容のクォリティーは高いです。

参考書いっぱいになっちゃうので、いつか余力があったらというのでぜんぜんOKだと思いますが、本屋で見かけたらぜひ見てみてくださいね。

めっつぇんばーむさん

ありがとうございます^^
ますます気になる本ですね。
いずれ購入を検討致します。
地元には大きな本屋さんがないので、ちょっと都会へ出たときにでも
探してみようと思います。

いつもありがとうございます^^
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。