スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心肺蘇生術:死球の男児助かる 救命士らの連携で 長崎

17日午前11時半ごろ、長崎県諫早市森山町の森山グラウンドであった少年ソフトボール大会高学年の部で、打席に立った市内の小学6年の男子児童(11)が胸に死球を受け、一塁に向かおうと約10メートル走ったところで突然倒れた。心肺停止状態になったが、隣のグラウンドに偶然いた小浜消防署(同県雲仙市)の男性救急救命士(35)と女性看護師2人が応急の心肺蘇生術を施し、回復に向かっている。

 救急救命士は低学年の部の試合に出場していた児童の保護者。隣のグラウンドで男児が倒れているのを知って駆けつけ、人工呼吸と心臓マッサージをした。近くには別の児童の保護者である看護師2人もおり、3人が交代で9分間マッサージをした。

 救急車が到着し、AED(自動体外式除細動器)を使い、心肺は蘇生した。男児はドクターヘリで同県大村市の長崎医療センターに搬送された。

 県央消防本部(諫早市)によると、心臓マッサージなどがなければ、蘇生は難しく「適切な蘇生措置ができたので、AEDで心肺が回復できた好例」としている。

 この救急救命士は「1人でのマッサージは2分が限度で、看護師さんの応援がありがたかった。何より男児の命を救えたのがうれしい」と話している。【柳瀬成一郎】

毎日新聞 2007年9月17日 21時21分 (最終更新時間 9月18日 0時06分)


********


こういうニュースを見るたびに、一次救急の大切さを思い知ります。
この男の子は運が良かった。。
でも、運が悪ければ大切な命の火が消えるのです。

誰でもみんながCPR(心肺蘇生)出来れば運がいいとか悪いとかじゃなくて、
助かる命が当たり前に助かる。

私はこのことの大切さを伝えてゆきたいと、強く強く思うのです。


そしてまた・・こんな記事もあります。


AED「増設だけでは救えぬ」--千代・日赤救急部長 /和歌山
9月15日16時3分配信 毎日新聞


 ◇心臓マッサージや119番も必要--一体的な知識普及を
 停止状態になった心臓の鼓動を電気ショックで正常に戻すAED(自動体外式除細動器)。04年に一般人も使えるようになってから急速に普及し、多くの場所で見かけるようになった。しかし、「増やせばいいというものではない」と指摘するのは千代孝夫・日赤和歌山医療センター救急部長。「AEDと同時に行わなければならない心肺蘇生法(心臓マッサージと人工呼吸)の講習、119番通報の徹底など、一体的なシステムを構築しなければ蘇生率は上がらない」と話す。
 今年5月、県内のある工場で、勤務する53歳の男性が倒れた。同僚らは備え付けのAEDを使ったが、心臓マッサージや人工呼吸は行わず、119番通報もAEDの後だった。蘇生率は発症から1分ごとに10%下がる。男性は病院に運ばれたが死亡した。千代部長によると、こんな例は珍しくないという。05年の愛知万博では、AEDを300メートル間隔で約100台設置。5人に使われたが、助かった4人にはいずれも医師や医学生、元看護師らが実施。AEDだけの成果とはいえない。
 県内にAEDは今年7月1日現在、役所や学校、病院など398カ所にある。全国では約6万カ所に上るという。しかし、循環器内科医らで作る「ハートケア情報委員会」によるインターネット調査(06年10月)では、AEDを「知らない」が53・8%と半数以上。さらに、目の前で人が倒れたとき「AEDを使う」は13・8%に過ぎない。
 口に口をつける人工呼吸も、救命をためらう大きな理由の一つ。ただ、心臓マッサージだけのほうが救命率が高いとする研究もある。千代部長は「人工呼吸を義務付けて蘇生率が下がったら意味がない。心臓マッサージとAEDによる心肺蘇生が期待される」と言う。
 消防庁によると、AEDに関する講習を受けたのは、05年1月~今年3月に全国で累計約530万人。このうち06年度は約304万人、県内は約3万5000人だった。蘇生法は年々見直しが進むため、知識の更新が必要だ。千代部長は「AEDは魔法の箱ではない。しかし、ハード面での安全は確立している。まず行動を」と呼びかけている。【辻加奈子】

9月15日朝刊

最終更新:9月15日16時3分


********


やはり、一般市民による救命講習の必要性は、とても高いです。

今回の野球の少年もたまたま救急救命士や看護師が傍にいたからよかったものの、いなかったら助からなかったかもしれません。。
スポンサーサイト
コメント

No title

長崎からです。
この男の子のケースの事例検討会が18日に行われました。
bystanderの絶え間ないCPRに引き続くAED、ショック後、即CPRでした。
ショック後の波形はCPR波形に徐脈性のQRSが見えていたそうです。2分後には、適切なリズムのQRSに変化して田と言うことでした。
確かにハイクオリティなCPRだったと思われます。
Ricoさんもおっしゃっているように大切なのはずっとCPR(心肺蘇生)を行い続けたこと。G2005で強調された、絶え間ない、質の高い心臓マッサージです。
以前から言われていたように、AEDだけでは人は救えません。根底にあるのは、やはり救急蘇生なのです。

nori_coさん

nori_coさんのブログも拝見いたしました。
やはり質の高いCPRは本当に大切ですよね。
明暗を分けますね。
今回の少年は本当に運が良かったです。
でも、いつも側に救急士がいるわけではなし、運動をされるお子さんをお持ちの親御さんにも
一次救急の勉強はしっかりして欲しいと思います。

年内に消防の協力を得て、私が主催の救命講習を開催する予定です。
一歩一歩ですが、思い描いていたことが現実のものとなって参りました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

救命講習頑張れ!

救命講習を主催ですか、、、素晴らしいです。
無理しない程度に頑張って下さいね!何かお手伝い出来る事があればしますので、言って下さいね!

Kim先生

地元の消防本部と話しあいをしています。
実現しそうで楽しみです^^
友人もみんな受けたいと言ってくれています。
どんな講習になるでしょうか?
普通講習の修了書が出せる内容にしたいと言われましたが、
子供の救急や外傷も教えたいと思っているので、もう少し、詰めなければなりません。
がんばります^^

がんばってください

救命講習の開催なんて、すごいですね。
本当にがんばってください。こうした一つ一つの地道な積み重ねが、きっと地域の中で誰かの助けになると思います。

nori_coさん

そう願って、歩き続けるだけですよね^^
お互い前を向いてゆっくりとでも歩み続けましょうね♪

もちろん!「理想はいつでもNo Rescue」です。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。