スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HS-AEDコースと医療従事者

HS-AEDコースを受講してきて感じたことを素直に・・。

私のブースは私と、二人の医療従事者との3名のグループでした。
HS-AEDコースは市民を対象にしたコースなので、とてもたくさんのケースを学ぶことが出来ます。
色々なシチュエーションが準備されています。

そこで、ものすごく感じたこと。

医療従事者は「病院」という限られた(もちろん医療的に恵まれたという意味で)環境で仕事をしているため、病院外でのケースを学ぶのを非常~~苦手にしているということ。

ありとあらゆる病院外でのケースのシチュエーションに対応することに、頭がついてゆかないのです。
彼らにとってはBLS取得のほうが楽なのではないでしょうか。

インストラクターの専門用語も気になりました。
CPAって・・?一瞬思いました。場面から判断して心肺停止状態を意味するのはわかりましたけれど、HS-AEDコースはあくまで市民対象コースであり、医療従事者対象ではありません。
専門用語の使用は100%控える必要があります。


あとHS-AEDコース!
市民対象にした内容では、消防のそれなどとはもう完全に質が違います。
ふらふらになるほどCPRやたくさんのケーススタディ。
ものすごく勉強になります。

BLSとは完全に質を違えた内容に驚きました。
とても高度なカリキュラムだと感じます。

機会があれば、今後のHS-AEDコースの見学、タスクなどに参加させて頂きたいとと強く思いました。
スポンサーサイト
コメント

No title

お疲れさまでした。すごく勉強になったようですね。
医療従事者の場合、経験が施設内に限定されているためか、普段自分たちがやっているからなのか、想像力がうまく働かないと思います。G2000のころはBLSコースでももう少しいろんなシチュエーションが準備されていたと思います。G2005のコースは胸骨圧迫に特化したコースになっているのでいろいろな場面設定が難しいのではないでしょうか。
私自身はHS-AEDコースは受講したことはありませんが、やはりHS-AEDコースもG2000から入ったせいかあまり違和感を感じたことはありませんでした。
インストラクターの専門用語についてですが、わたしも気になります。わたしは専門用語は使わないようにしています。
(子どもの受講もあるので)やはりCICでも強調されているように受講生のバックグラウンドや文化の違い(日本ではあまり問題になりませんが・・・)に気を配ることはとても重要だと思います。

お疲れ様でした

お疲れ様でした。
HS-AEDでも大きな収穫があったようですね。
僕はHS-AED未経験なので、どんなコースなのか興味津々です。実生活に即したケース・スタディが面白そう。
コース内では「CPA」という言葉を使うようですね。確かにフツーの人は「何それ?公認会計士(Certified Public Accountant)のこと?」とでも言いそう。
横文字は確かに言いやすいし格好もいいですが、誰にでも分かる配慮は必要ですね。

お疲れ様でした

HSコースの感想ありがとうございました。勉強になりました。
確かに用語は気をつけないとですね。是非その事、今後スタッフ参加した時に言って下さい!
確かに医療従事者は病院外は苦手でしょうね、、、私もそうです(^.^)。
お疲れ様でした。

お疲れ様でした。

HS-AEDコース、お疲れ様でした。
収穫の多いコースでったようですね。スタッフとして参加、また、近い将来インストラクターとして参加されたときは、フィードバックして下さいね。

専門用語についてですが、おっしゃるとおりですね。受講生のバックグランドに応じて使い分ける必要があると常々感じております。

私もいろんなコースに参加していますが、ブースインストにはよく言っています。受講生を「よく見て、よく聞いて、よく感じて。」インストラクションするよう心がけましょうと・・・。

そうそう、消防の普通救命講習会はホントいい加減です。特に我が本部は・・・。
何回も改善要求しているのですが・・・聞き入れていただくことなく、ただ単にこなしている感じですね。

私は「量より質」だと思っていますが、組織は「質より量」のようです。

悲しい事実です。

しかし、私が主催するときは、AHA-BLSやHS-AEDに近い感じのプログラムで進めていますので、講習会終了時には、受講者はへとへとになっているようですが、充実感と達成感があるといって帰って行かれます。

それと、いつも心がけているのが、
終日「楽しく、明るく、元気よく」の3つの「く」で講習会をすることです。

なんだか、後半は愚痴ってしまいましたスミマセン。

これからも、いろいろなコースに参加され、多くを学び、学びえた者を自分のもの、Ricoさんのオリジナルに仕上げて下さいね。

頑張って下さい。しかし、頑張り過ぎず、マイペースでね。

失礼いたします。

nori_coさん

はい。とっても勉強になりました^^
G2000のBLSコースでは色々なケーススタディも多かったのですね~。。
知りませんでした。

HS-AEDG2005は機会があれば、ぜひ受講をお勧めいたします。
きっとまた視点が変わるかと思います。

専門用語は、今後一般市民がAHAのコースを受講する機会が増えるとしたら、気をつけなければならないと思います。。

ごめんなさいCICって何ですか・・?

てつさん

てつさん、いつもありがとうございます。
てつさんもHS-AEDコースの受講のチャンスがおありであれば、一度ご受講をお勧めいたします。
ご自分がAEDコースのインストをする機会が出てくるかもしれませんしね^^

CPA・・あはは^^私は公認会計士の略だということもてつさんのコメントで知りました(*・・*)

受講者の所属先などもあらかじめわかっているのですし、やはり配慮は必要でしょう。

自分たちの当たり前が人の当たり前ではない・・
これは別にAHAのインストラクターに限らず、どの業界にも言えることだと思います。
ある意味、私は自分にも言い聞かせています。

Kim先生

この感想は、そのとき!は後にすぐタスクが控えていたので、頭がいっぱいいっぱいであまり考えられませんでした。
帰りの電車の中で思い返していて感じたことでした。
次回フィードバック致しますが、たぶん所属サイトのサイト長の先生も、他ファカルティのみなさんもこのブログは読んでくださっていると思いますので、
間接的にでもお伝えできれば・・と思いました。

ただ、私が案じることは「ちょっと一次救急に詳しい一般市民が感じること」です。
なので、全国に向かって発信してしまおうと思いました。
みなさんの今後のコースに生かしていただけたら・・・と思います。

kenさん

いつもありがとうございます。
みなさんにお答えしていますように、サイトには必ずフィードバック致します。

消防の講習は、あまりにも地域差や担当差があるので・・。
それで消防の講習が頭打ちになった経緯があります。
今ひとつ、消防の応急手当普及員を取ろうと動けない経緯にその辺のところもあります。
あと、地元消防があまりに保守的で、やる気のある人のやる気を潰すやり方が気に入りません。
「私は本当にこの人たちとタッグ組んで、講習できるの?」って思ってしまいます。

一般市民である以上、消防の救急救命士さんの協力が必要です。
その方に想いが伝わらないのであれば、次に続かない・・。
でも、やらないうちからぐだぐだ思うのは好きではないので、
とりあえず、一度開催したいと思っています^^
私のオリジナルカラー満載の「明るく、元気で、楽しい」講習にしたいと思っています^^

ハートセイバー

Ricoさん こんにちは 横浜のタローです。
HS-AEDコースの参加お疲れさまでした。

AHAはHeartsaver内にHS-AED以外にもHS-CPR, HS in School, HS-FA, HS-PFAなど様々なコースを用意しています。
どれも含蓄のある楽しい内容ですよ!
ただし、英語のままだと厳しいですけどね。

HSは一般市民と言うよりは、受講が義務づけられている人向けコースなので、一般市民向けよりは若干難易度が高い傾向があります。
純粋に一般市民向けの物を知りたければ、AHAのFamily & Friendsプログラムが一番それに近いかも知れません。
時間も1-2時間で終わるモノが多くあります。

CICはコアインストラクターコースの略で、昨年夏以降、AHAでインストラクターになる人が必ず受けなくてはならなくなった新しいコースです。
成人学習者に対して講習を施す人向けのコースで、ちょうどうちでも昨日開催したところです♪
昨日で10回目のコアインストコースでしたが、あのビデオは何度見ても得るところの多い教材です!

Ricoさんも受けることになるでしょう。お楽しみに。

タローさん

ありがとうございます。
AHAのコースにも色々あるのですね~~・・知りませんでした。
HS-FAコースは日本でも受講できるところがあるようなので、機会があれば受けたいと思っています。
HS-AEDコースが受講が義務付けられた人向けのコースだということも初めて知りました。
なるほど・・と思いました。
あのコースをいきなり何の知識もない人が受けたら、きっと何もわからないまま終わってしまいそう・・と思いましたので。。
(サイトの方へもこの感想は申し述べました)

CICとはコアインストラクターコースのことだったのですね。
本当に略語はわからなくて困ります。
自分にも当たり前になったときに気をつけなければ・・と思いました。

今後どうなってゆくかわかりませんが、じっくりと取り込んで参りたいと思っています。
ありがとうございました♪
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。