スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLSforHCPを取得したいきさつ・・・その2

その1はコチラ

伊藤市長銃殺事件以降、自分の中で疑問や知識欲みたいなものがぐるぐるしていた。

「私・・もっと知らなくちゃいけないんじゃないの?いや・・知りたいんじゃないの?」

・・かと言って看護師になるとかってぶっ飛んでるし・・
と言うか看護師になる気はない・・
それより何より、美容業界で生きていたい。
とか色々・・混乱。。

・・・で混乱しているときに限って神様って意地悪。
友人の内科医からメールが飛んできた。

「AHAのBLS Healthcare providerだけど、日本ACLS協会のHP見てみるといいですよ。たぶんあなたなら取得出来ると思いますよ。Instructorになる道もあるしね。」

は?この先生何言ってますか。
だから私は美容業界なんだってば・・・・。。

・・・と思いつつ日本ACLS協会のHPを見ている自分。

インストラクターって別にこれを本職にする必要がないことがわかったり・・・
勉強の積み重ねで、別に医療従事者でなくても資格取得が可能なこともわかったり・・・

すっかりその気になっていた。(単純!)

そもそもエステティックというのは、医療に非常に近い位置づけである。いうなれば予防医学の一部と解釈している。
実際エステティシャンになるためのテキストは、免疫、細胞、筋肉、骨格・・そんなものが大半を占めている。
精神的リラクゼーションがもたらす自然治癒力や免疫力強化の部分も大きく学ばなければならない。

もうずっとなんだけれど、この先何がしたいかってよく考えていた。
もちろん夢はあるけれど、もっとこう違うカテゴリーで・・。
今のままののんびりエステを続けるのもいいのだけれど。。
最近「そうか・・これかぁ~・・・」っていうのが漠然と見えてきた。

アロマテラピーを医療現場へ・・という考え方があって、ちゃんと「日本アロマセラピー学会」なるものが存在する。
メディカルアロマの世界だ。
フランスなどでは、しっかり根付いていて、保険適応される精油もある。
☆日本アロマセラピー学会☆
もちろん私は医療従事の国家資格を持っているわけではないので学会に参加することは不可能なのだけれど。。

これって・・自分の色々(知識や医学的な知識欲や環境やリラクゼーションやもちろんエステや・・)にあてはめちゃっていいんじゃないの?って。。

出来る方面から勉強して責めてみよう。
私はすごい敏感肌で本当にアロマには消極的になっていたけれど、必ず方法があるような気がして・・。
大好きなのに、やり残している気がして・・。

救急・・予防医学・・代替医療・・アロマ・・エステティック・・そして自分。

ここ3年ぐらい・・走りに走ってみよう。
こんなエステティシャンがいたっていいじゃない?

アロマセラピストになるには、エステの知識(衛生学、公衆衛生学、免疫、解剖生理学(人体のしくみ)、トリートメント法、経営についてなど・・)に加え、精油の効能(って書いていいのかな・・?)
病理学全般:感染症、病原体の感染経路、病原体の防除法、微生物、一般内科、神経内科、脳神経外科、整形外科、眼科、耳鼻科、皮膚科、小児疾患、婦人疾患、泌尿器疾患、精神科疾患など・・
心理学(大学にて単位取得済みにて、結構得意分野♪)
というように幅広く(薄く)知る必要があり、セラピストへの道は超難関である。

でも・・・
古い友人の勧めで英語の勉強を続けてきたこと・・
アメリカにて暮らした経験があること・・
(AHAはアメリカの組織であるため、英語が必須になってくる)
ライフセーバーだったこと・・
エステティシャンの友人に出会って、エステの世界に出会ったこと・・
秘めた情熱をもった内科医に出会ったこと・・
元をたどればもっともっとたくさんの出会い。
全て人とのつながりの中で・・。


全てのことに意味があるような気がしてきた。
どれ一つ欠けても踏み出せてはいなかった。。
だから私・・やらなくちゃいけない気がした。


続く

*******

コメントは承認制にさせて頂いております。
ご理解くださいませ。
スポンサーサイト
コメント

医療従事者でない人も歓迎です

私の所属するAHAサイトは、医師でも看護師でも救急救命士でもない(さて何でしょうか?)方がインストラクターになって活動しています。
 上記のいずれでもない方が受講した時は、その方が教えています。非医療従事者はどんなことが分からないかと言う事が一番分かるんじゃないかな、、、、BLSは子供から大人まで、誰でも知っていなければならない事なんですからね!
 Ricoさんも頑張って下さい!

Kim先生

私の理想とするところはまさにそこで、非医療従事者に優しいインストラクターでありたいと・・。
そして、医療従事者のインストラクターの方々との意見交換をしっかりとして、私自身もどのような方に対してでも、しっかりと指導できるインストラクターになりたい・・。
あくまで理想ですね(笑)

どこまで出来るかわかりませんが、がんばります!

こんな身近にも・・・

kim先生のところにもいらしたんですね。非医療従事者の方でインストラクターの方。すごいですね。・・・・すみません知りませんでした。
(だからわたしはkim先生のサイトにお手伝いに行きたいっていつも言ってるのに・・・・まだ実現できてません。)
うちの子供たちもがんばらせてみようかな?
長男は相変わらずお出かけの時にはポケマ持参で行ってます。先日のクラスキャンプにもちゃんともって行ってましたよ。

>Ricoさん
こちらこそよろしくお願いします。早速リンクさせていただきました。

nori_coさん

私のブログでも、みなさん情報交換が出来ているようで、とっても嬉しいです。

リンクありがとうございます^^

No title

 めっつぇんばぅむさんのブログから来ました.すばらしいですね.

 エステも医療の一つで,予防医学である事,今まで考えた事もありませんでした.すばらしい考え方ですね.納得します.

 これからもがんばって下さい.

mimimiさん

こんにちは^^はじめまして。
コメントありがとうございます。
めっつぇんばーむさんのところでお名前は拝見しておりました。

エステを学ぶ際には、エステが予防医学の一部であると学びます。
まぁ美容やリラクゼーションであることは大前提ですが、
お客さまが、サロンにいらっしゃるときと帰るときでは、表情も目の大きさまで違うところを毎日のように目の当たりにすると、
それは間違いではないことを思い知ります。
お肌にももちろんですが、心にもきっと大きな作用をもたらすのでしょう。
私自身も、疲れ果てたときに癒されると、本当に元気になれます。
そのまま疲れを放置していたら、きっとお客さまを癒すどころか、寝込んでいたのではないかなぁ~と思うこともありますもの(*・・*)

これからもどうぞよろしくお願い致します☆
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。