スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常の救急について

つい先日の出来事です。

お隣の小学校5年生の女の子が
大声で「おばちゃーーん!!早くきて!!早く!!」
と大声で叫びながら、お玄関の呼び鈴をけたたましく押していました。

私はびっくりして
「どうしたの?」と訪ねると
「Y(弟の名前)が!!Yが!!!」というだけです。

慌ててお隣へ駆け込むと、転げまわりながら大泣きする小学校1年生のYくんと
おろおろするお母さん・・・

「どうしたの?!」
「洗濯物のズボンの中に大きな蜂が入っていて、ズボンを履き替えた
とたん刺されたみたいで、Yが突然泣き出して・・・どうしよう・・」
「今?」
「たった今」
患部を見るとみるみる皮膚がもりあがってきています。

「ちょっと身体押さえてて」
そう言って、針が残ってないか確認して、患部を指でつまむように押さえ、私が毒を出します。
その後すぐにシャワーに連れていってもらって、毒を洗い流しました。
シャワーから出たころにはYくんは落ち着きを取り戻していました。

その間に私は自宅に戻って、以前私が蕁麻疹が出たときに
処方してもらった、弱めのステロイド剤を取ってきてYくんに塗り、
そのまま病院へ行くよう指示。
まだアナフラキシーショックの危険性は残されているので
様子見は禁物と判断しました。

お隣の奥様とは大の仲良しで、常日頃から私が救急については
お話ししていました。


民間の処置としてはたぶんじゅうぶんだと思います。
病院の先生にも、お母さんはカンペキだと言われて帰っていらっしゃいました。


たまたま私にこういったファーストエイドの知識があり、
過去にも処置の経験があったので、役立った例ですが、
さて・・みなさん・・
すぐに対処できますか?Yくんのお母さんと同じように
おろおろしてしまうのではないですか?

子供がやけどをしたら?骨折したら?
病院に行くまでの間・・どうしますか?

時には病院にいくまでの間の数分の処置でその後の予後が全く違う
結果になることもありますよね。

日常のそんなこんなが学べるのがAHAのハートセーバーファーストエイドコースです。
よくHS-FAと略されています。
アメリカでは一番受講されているAHAコースなのですが
まだ日本には入ってきていません。


アメリカ直轄のインストラクターがいる福井BLSにて12月16日の午後開講されます。
私も受講予定です。
一緒にいかがですか?

私のお母さん友達の中には、今回のコースは都合が悪くて参加できないけれど、
FAは受講したいな~とおっしゃる方もいらっしゃいます。
次回開講のときに私が引率する約束です。

引率・・と言いつつ、見学して更にしっかりした知識にするつもりです^^

12月16日は、午前中にBLSも開講されて、一日で2コースの受講が可能です。
素晴らしいですね。
(一日で二度おいしい?)
BLSは私も見学がてらお手伝いの予定です。
何度も何度も見学を重ねて、BLSインストラクションの知識を深めます。




スポンサーサイト
コメント

No title

素晴らしい対応ですね!コース受けなくても大丈夫では?(冗談です)
これからも救命処置の普及に頑張って下さいね!

Kim先生

ありがとうございます^^
私は元ライフセーバーなので、こうした日常の救急には強いです。
蜂のほか、鼻血、切り傷などの止血、くらげに刺された、打撲等々・・
海で起こる小さな出来事についてはほとんどしっかりと勉強をしています。
たぶん日赤の指導内容に基づいたものと思います。
三角巾も使えますよ^^

FAを受けたいというのは、やはりAHAのコースは出来るだけ経験しておきたいというのと、
カードが欲しいのと(爆)知識の確認?
自分の知識との違い?を知るためです。

一般のお母さん方は、CPRよりもこうした一般的な救急の処置のほうが興味深々です。
身近に感じるのでしょうね。
こうした身近なコースからAHAを知って頂き、BLSへ・・となれば良いな~~と思っています。

蜂に刺されたら

こんばんは。めっつぇんばーむです。
Ricoさん、ご近所でも大活躍なんですね!

AHAのファーストエイドコースでは、確か蜂に刺されたときは
クレジットカードを、と教わった気がします。

なんで??

受講を楽しみにしていて下さいね。

ちなみに今日、メディックファーストエイド社の最新の小児ファーストエイドのDVDをチラッと見てきました。

リアルであまりにすごい内容にびっくり。
かなりお薦めです。
日本ではAHAのpediatric FirstaidコースはまだAMRでも開催されていないようですし、機会があったらぜひどうぞ。AHA FAコースを知っている人がみると、また独特の視点でびっくりすると思います。

めっつぇんばーむさん

クレジットカード?!!
なんで???@@
楽しみです^^

MFAの小児コースはmimimi先生にも伺っていますし、興味がありますが、
実際のところ、今はAHAで精一杯です(笑)
機会があれば・・機会は作らないと出来ないのですよね~・・。
観てみたいなぁ。。

すごいですね

Ricoさんすご~い!!
やっぱりわたしもHS-FA受講したいです。
・・・・メディックファーストエイド社のDVDも見たいなぁ。
メディックファーストエイド社のG2000のビデオは持ってるんですよ。6本くらい購入して、児童館の図書室に置いてもらったから。
でももうそれも時代遅れ・・・。
新しいガイドラインが出るたびに購入しなおすのも大変ですが、地域の方たちに少しでも広がっていってほしいと思ってます。

小児MFA

 すばらしい対処ですね.対処の内容よりも,Ricoさんに助けを求めに来たという事実がすばらしいと思います.いつも周囲の方を手助けし,“Ricoさんなら何とかしてくれる”という意識が地域にあるんでしょうね.脱帽です.

 MFAのDVDって,独特なんですよ.AHAみたいに傭展を簡潔にまとめたものではなく,実際の現場のドラマシーンがすごく長いんです.

 僕はせっかちなのでいらいらしてしまうんですが,一般の方向けのコースである事を考えると重要です.実際の緊急事態の現場をビデオドラマで見る事によって,実際の流れをちゃんと体験(?)できます.

 コース時間は長いのですが,何の知識もない人が受講する場合,理解しやすい構成だと思います.人数さえ集まり,場所があれば,いつでもしますよ(笑).最近は福井のAHAと県外のAHA講習,そして副業の大学病院が忙しくて,ほぼ全ての週末が埋まってしまっています.平日に休みを取って出張も出来ます.最低人数は1人.

 小児のインストラクターは少ないので,DVD発売の際はあらかじめアンケートを採られて受注生産みたいな形式でした.nori_coさん,ビデオを児童館にですか?MFAは著作権に厳しいので,2005でする場合は確認を取ってからにして下さいね.でも,そういう資料って図書館や児童館には必要ですね.がんばって下さい.

nori_coさん

nori_coさんも、FAを受ける機会を作れると良いですね^^
日曜日に受講してきましたら、またご報告いたしますのでね。

MFAのDVDに関しては下でmimimi先生が詳しく書いてくださっていらっしゃいますので、
(mimimi先生はMFAのインストラクターでもいらっしゃいます)
注意事項などお気をつけてになられて、有効活用なさってくださいね^^
私も機会を作って観たいと思っています。

mimimi先生

ありがとうございます^^
たまたま、お隣の奥さまとは大の仲良しで、普段から色々なお話をさせて頂いていました。
でもなかなかBLS受講までには至りません。
難しいですね・・・。

mimimi先生からMFAの内容を伺って、ますます拝見したくなりました。
一般人にわかりやすい・・そして小児専用となると、講習の需要も多いように思います。
私が母親だから・・かもしれませんが・・。

最低人数は一人!!私だけ・・ということはありませんが、また打ち合わせさせてください。
小児関係の講習を・・と思っている突破口のようなお友達が(ちびちゃんのママさん)出産を控えているので、落ち着かれたら、相談してみます。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。