スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

受講当日

夏休みも終盤に差し掛かり、とうとう翌日に受講という前の夜。。
緊張で眠れなかった。

思い返せばこのとき・・・
考えて・・考えて・・
何かに突き動かされるようにして動き出した。

友人の内科医に「あなたなら出来るよ」と背中を押され続け・・
テキストを手にして・・・。

そして・・不安と緊張で本気でびびりながらトレーニングサイトへ向かった・・。
受付で参加者名簿を見てドン引きした・・。
「わ・・私本当にここにいていいの~~?」
泣き出して逃げ出したい気分・・。
受講者名簿にずらり「医師、医師、正看護師、医師、医師、医師、正看護師、医学生・・・・」

こんなプロフェッショナル集団の中・・輝く「自営業」の文字・・。
しかも所属が・・・堂々と「エステサロン○○」って私のサロンの名前が書かれてるし!!
「何これーーーーーっ!」って叫びたかった。。
こんなの書くって聞いてないよーーーー!
所属:ってあったから書いといただけなのに・・


もうかんべんしてくださいって気分で各班に分かれて自己紹介。
「私は医療従事者ではありません。元ライフセーバーです。」
ほとんど開き直りで堂々と言ってみた。

そして講習が始まった・・・。

不安なんて思っていられないほどの勢いで進んでいく。
やっていくしかなかった。
どんどんどんどん・・・実践実践実践。。
必死になっていた。
大丈夫!全て身体が覚えてる。
講習だけは負けないぐらい重ねてきた。
だって頭で考えてる余裕なんていっさいない。許されない。
全ては「何秒以内」とストップウォッチで計られている。
急がなくちゃいけない。
でも焦っちゃいけない。
確実に・・正確に・・・
2分の長さ・・5~10秒の長さ・・そして短さを
身体に叩き込まれる。

「あなたどうぞ」なんて言っている時間はただの1秒も許されない。
実践の時間になったら自ら立ち上がる。
3人の班の中で、自然にルーチンが出来てゆく。

私の班はすごかった。パワーに満ち溢れていた。
どの班よりも声が出ていた。
私・・・がんばった。
ライフセーバーはチーム蘇生が絶対条件で、
波の音と人々の喧騒にかき消されないぐらい大きな声の連携が欠かせなかった。
だから私・・誰よりもカウントと「お願いします!」の
声が出ていたと思う。これはもう身についてしまっている。
後の二人はそれにつられていった。
次第に本当に元気な体育会系?チームになっていった。
医学生Yくんとかわいい看護師Nちゃん。
20代の若い二人のエネルギーをいっぱいもらいながら・・。

緊張の筆記と実技の試験。。
出来なければ補講、再試験となる。

テキストは何度も何度も読んで覚えた。
どこに行くにも持ち歩いて、隙間の時間で勉強してきた・・。
大丈夫・・がんばれる・・・自分を信じよう。
別室にて25分の試験が始まった・・。

そして実技・・・
試験も全てストップウォッチでカウントされている。
一瞬の隙も許されない。
次の動作に戸惑ったらもうアウト。
補講→再試験である。
考える余裕なんてない。
身体に叩き込んできたことを流れるようにするしかない。。

一連の確認事項を読み上げられたあと
「それでは大丈夫ですか?」
と聞かれ、
一呼吸おいて「はい」と答えた。

結果が配られた。


筆記 100点
実技 合格

泣きそうになっちゃった。。
また・・次に進めるって思った。

次回からタスクとして講習に参加出来る。
嬉しかった。。

そしてタスクを積み重ね、インストラクターになるために経験と勉強を重ねよう。

サイト長の先生に・・
「Ricoさんがインストラクターになれたら、年1回でもRicoさんの地元(片道2時間強かかります)でBLSを開けたらいいですね~。今はそのベースがないのですが・・。ぜひがんばってください。」
って言って頂けた。

県内唯一のトレーニングサイトと地元でのBLS講習の橋渡しになれるかもしれない。。
そんな新しい希望・・目標が私の中で芽生えた。


そして・・この夏休みの間に地元市内の各小中学校にAEDが配置された。
私はやっぱり子供の一次救急をなるべく早い時期に地元で広める講習を開く必要性を感じる。
やるしかない。。きっと出来る!
スポンサーサイト
コメント

ストレスフリー

こんばんは。めっつぇんばーむです。
Ricoさんのリアルな日記(回想記?)、とても励みになっています。
誰よりも不安な思いを抱えつつも獲得したインストラクター・ポテンシャル。
きっと誰よりも価値があるものだと思います。

講習中のRicoさんの思いは、私たちインストラクターとしても考えていかなくちゃ
いけない大切な示唆が含まれていたように思います。

まずはストップウォッチで時間を計るという行為。これはうちのサイトの方針なのですが、「こっそり計れ」と言われています。目の前でやられるといかにもチェックされているという感じがして受講生が余計な緊張をしてしまうから。英語版のインストラクターズパッケージを購入するとAHAのロゴ入りのストップウォッチがついているのですが、これがスイッチを押すごとにピッと音がして消音モードにできない困りもの。そこで私は分解してスピーカーの配線をちょんぎってしまいました。これで受講生に気づかれずにストップウォッチを使えるようになりました。必要があればそれなりのフィードバックはして改善を促すようにしますが、必要以上に緊張させてしまうのは別問題。

実技試験も私のところでは、試験とは言わずに練習の中で実技チェックをさせてもらってます。自分自身もなんども経験があるのですが、テストといわれると過度に緊張して、いままでできてたことができなくなっちゃうんですよね。

いかにストレスフリーで、満足度と自信を持って帰ってもらうか―。
インストラクターの役割を全うするのはなかかな難しいです。

めっつぇんばーむさん

私が、こうして自分の軌跡を書き残すというのは、ともすれば忘れてしまいがちな自分の初心を残しておきたかった・・という意味合いもあります。
自分がインストラクターになれたとして、非医療従事者の方のインストラクションをするときに、自分が感じてきた初心を忘れたくない。
そう思います。

めっつぇんばーむさんのコメントで、あぁやっぱりインストラクターにはインストラクターの悩みがあり、きっとどこまでいっても「これでカンペキ!」なんてことはないのだろうと感じました。
そしてそういったことを悩んで、考えて、掴んで・・成長してゆくのだろうな・・と。
何もこれはBLSインストラクターに限ったことではなく、何事も満足してしまったらそこで終わり。
それ以上の成長は望めませんものね。

>いかにストレスフリーで、満足度と自信を持って帰ってもらうか―。
インストラクターの役割を全うするのはなかかな難しいです。

これは参加する方の性格にもよりますよね。
私はものすごくびびりです(*・・*)

しょうもない例えですが、子供のころ、運動会の徒競走やリレー・・私は心臓が口から飛び出しそうなぐらいドキドキしたものでした。
でも、うちの長女はぜーんぜんといいます。
腹がすわった性格の方は、火事場のバカ力で、能力以上の力を発揮しますから^^
私はだめだめです・・。
でも、そのぶん達成したときの喜びも大きいです。
この歳になって、達成感を味わえるのは幸せなことですが、インストラクターになるまではまだまだ遠い道のり・・。
そしてインストラクターになったからと言って、それもまたスタートライン・・BLSに関してはいつまでも課題があって、きっとずっと追い求めながら生きてゆくのだろうな・・そう感じます。

熱い想い

初めまして、タローといいます。メッツェンバームさんのページからやってきました。
触れると火傷しそうなくらい、ホットなブログですね。
読んでいて、自分がHCPを受講したときのことを思い出して、胸が熱くなりました。
私も一般市民です。
我々一般市民にとって、ドクターやナースは、もうプロ中のプロ。理論から実践まで何でも知っている、プロフェッショナルなイメージがありますよね。

私は昨年HCPを受講しようとして機会が得られず、結局アメリカに行ってHCPを受講しました。
その時AHAの支部を回って、一般市民の自分でもインストラクターになれる可能性があるということを知って、再び渡米。辛くもBLSインストラクターになることが出来ました。
このあたりのことはブログに書いてありますので、良かったら読んで下さい。現在は放置サイトになっていますが...
http://plaza.rakuten.co.jp/kyumei/

たまたま一足早くインストラクターとなった者として、Ricoさんの活動を応援しています。頑張ってください。

タローさん

こんにちは^^はじめまして。
コメントをありがとうございます。
タローさんのブログやホームページを拝見させて頂きました。
ブログは記事が多いので、まだまだ全てを読ませて頂けていませんが、
行動力が素晴らしく、刺激がいっぱいです。
救急の関してのビジネスがアメリカのように立派に日本で成り立っていることに驚きです。
それだけ回りのみなさんの意識も高くなってきているのですね。
これからは更新がゆっくりになるかと思いますが、またお話しさせてくださいね^^

日々お忙しいことと存じますが、どうぞお身体ご自愛くださいますように。
応援ありがとうございます。
タローさんもがんばってくださいねv-353
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。