スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都の龍谷大学全館にAED設置 救命講習

龍谷大でAEDの救命講習
心臓発作を起こした救急患者に対して一般の人も使用できる医療機器「AED」を使った救命講習が京都の龍谷大学で行われました。

龍谷大学では、数年前に学生が心臓発作を起こしたことをきっかけに、去年からことしにかけ、学内の全ての建物にAED合わせて52台を設置しました。
これを受けて13日は京都市伏見区のキャンパスで、学生を対象にAEDの使い方を指導する救命講習が行われました。
学生たちは講師として招かれた伏見消防署の救急隊員の指導のもとはじめにAEDが届くまでに行うべき心臓マッサージや人工呼吸の方法を学びました。
このあと、学生たちは実際にAEDを使って音声の案内に従いながら人形に電気を通すパットを装着して電気ショックを与えていました。
参加した学生は「やってみないとわからないことが多いので良い経験になりました。
もうすぐ学園祭があるので何かあっても対応できるようにしておきたい」と話していました。
伏見消防署の救急隊員は「心肺そせいは時間との戦いで、人が集まる施設ではすぐAEDを使えるよう複数設置するとともに、いつでも使えるよう日ごろから訓練を行うことが大切です」と話していました。

(NHKニュースより抜粋)


*******


このように大学の全館にAEDが設置されるのはすごいことですよね。
ひとつの大学に52台。
数年前に学生が心臓発作を起こしたことがきっかけだそうです。
そして、たくさんの学生を対象に救急救命講習。
若い吸収力で一気に救急救命の輪が広がるきっかけになりますよね。
素晴らしい取り組みに拍手を送りたい気持ちです。

これからの時代、こういう取り組みをする学校をどんどん増やし、
優秀なバイスタンダーを輩出して欲しいと強く思いました。

そして志ある若者の力におおいに期待したいところです。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

龍谷大学

「龍谷大学」に関連するブログ記事から興味深いものを選んでみました。ぜひ、読み比べてみてください。 「龍谷大学は産近甲龍の一つとして関西では今注目を浴...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。