スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACLSプロバイダー受講、取得

10月27,28日の一泊二日で福井BLSにてACLSの受講をしてきました。
辛かった・・本当に辛かった。
でもなんとかやりきりました・・

ACLSプロバイダー、無事取得いたしました。

こんなに辛くて、何でかわからないけどメガコードのリーダー終わったら泣けて・・・
試験終わっても泣けて・・・
ただがむしゃらに寝ないで勉強して・・・
もうこれ以上は無理ってとこまでやりきりました。
達成感と安堵と辛かった想いとやれば出来るという自信と、もうぐちゃぐちゃ・・
帰りの電車でも泣けて泣けて・・
怪しいよねって思うけど、どうにもならない感情で。
絶対質の高いBLSインストラクターになるんだって固く固く決意しました。

一日目を終えたときに、正直逃げ出して帰りたくなりました。
ほとんど寝ないで勉強・・うとうとして目覚めたときには
VFのチーム蘇生シミュレーションの夢で目が覚めたほどです。

逃げ出して、放り出して帰りたかった・・本当に。
それぐらい私にとってハードルが高かったのです。
でも・・今回の受講を勧めてくださった先生方が
本気で私に指導をしてくださった・・。
この歳になって必死になって、なりふりかまわず、泣きながらでもくらいついていくしかない状態におかれた自分は
本当はもしかしてすっごく幸せ者なんじゃないかと思いました。
そう気持ちを切り替えないと、がんばれないというのももちろんありました。
宇宙語のようにわけのわからないことばの羅列・・。


最初テキストを開いたときに愕然としました。。
わからなすぎて、どこからどう手をつけたら良いのかもわからなくて・・。
だからDVDは、本当にしっかり観てから行きました。
それしか勉強方法が思いつきませんでした。
それに沿ってテキストを開いていく・・そしてチェックしながら、出来るだけ覚えて・・
その程度でもめまいがしそうなほど難しくて・・。
DVDに関しては次のせりふが言えるぐらい観て覚えて・・。
どうしても難しい手技や専門用語はそのときそのときの集中でモノにしていきました。
だから、受講中は必死。
先生方の一言ももらさない覚悟で望みました。

アルゴリズムの表は頭に叩き込んだ感じです・・。
薬剤の名前もそのまま覚えるほかなくて・・。
そしてその薬が何に効くのか・・という部分は今でもはっきり言って弱いです。
なので、今後ACLSコースの見学やお手伝いを出来るだけして、
本当の意味で自分のモノにしてゆきたいと思います。

半べそかきながら勉強する中で
「なんで私こんなことしてるの?」って何度も何度も思いました。
でもその意味が受講後わかりました。
質の高いBLSインストラクターになるためには、続くACLSの受講は必要だと思います。
全てをしっかりと覚える・・というのではなく、何事にもある「その先」のことを
予測しながらインストラクションしてゆけるのは 絶対強いです。
例え、それがBLSコースの中に出ないとしても・・です。

なぜ、BLSがこんなに大切なのか・・
やみくもにCPRするのではなくて、きちんと理解できた気がします。
(私はやみくもだったかも)
「あぁ・・この患者さんのこの状態は、○○の疾患が疑われるのだな。この質の高いCPRを続けることで、
救急隊に引継ぎ、病院に到着したあと、きっとこれこれこのような処置が施されるのだな。
でもこのBLSがきちんとできていないと、この方は手の施しようもなくなるな。」
ということが系統立てて考える力がつくと感じました。

お世話になった先生方に感謝してもしきれません。

この感謝の気持ちは、今後の私の活動でしかお返し出来ないと思っています。
出来ることを精一杯出来るだけ・・私らしく元気にこれからもがんばって参りたいと思います。



非医療従事者のACLS受講・・ということで、反論もあるかもしれませんが、
私が現実に医療行為をすることはもちろんありません。
トレーニングを積むことで、自分のスキルアップや知識アップを図って・・
のことです。

内容的に無理があることは十分承知しています。
なので、「そんな必要があるのか?」というようなネガティブなコメントは
どうかご遠慮ください。
一方的に自分の身元を伏せて、ネガティブなコメントを投げかけるだけのAHA関係者なんて寂しすぎやしませんか?
このブログはこれからBLSを受講しよう!と考えていらっしゃる方も
お読みくださっていることをどうかお考えくださいね。


それと・・公にすることの意味を考えてみて欲しいと思います。
別に受講したことをブログに書く義務は私にはありません。
私の目的はただひとつ。質の高いBLSインストラクションです。
ACLSのハードルの高さに目を伏せていた、BLSforHCPの方々や
BLSインストラクターの方々の情熱のハートに火がつけば・・と思っています。


最後に・・医療に従事している方々にはACLSは絶対に受講して欲しいと思いました。
救急なんて関係な~~い・・果たしてそうでしょうか。
病院外でも医者は医者。看護師は看護師なのです。

BLSの基本と同じ・・「もしあなたの愛する人が倒れたら・・」
そこが旅先の離島だったら?看護師さん一人だけしかいない僻地だったら?十分な設備のない海外だったら?
それでもきっと医療従事者のあなたは全力で処置に当たるでしょう。
そのときの知識・・看護学校では教えてくれない知識も
ACLSコースの中にはふんだんに盛り込まれていると思います。
ぜひがんばってください。

乳児の窒息解除他について想うこと

昨日のお客さまには赤ちゃんがいらっしゃいます。


エステ施術後お茶をしながら私の救急のお話・・
「今、子供の救急法を知りたいのですよね・・特に喉になにか詰まったときとか・・でもどこも講習はしていないし・・。」

BLS取得を勧めようとして・・
「あ・・待ってくださいね・・」
とちょっぴりシミュレーション・・。

CPRということばも知らない・・
下手したらAEDもわからない・・
気道確保ということばも何も・・

救急講習というものにただの一度も参加したことがない彼女。
いきなりBLSはハードルが高いかも・・
そう判断した私。

「消防署の普通救命講習を受けて、上級救命講習を受けて
AHAのBLSのテキストを準備して・・私がしっかり予習にお付き合いしますので
それから受講してみます・・?」

「お金かかるんですか?」

「テキスト代が5000円弱、受講料が18000円。あと地元では講習が開かれていないので、ちょっと遠いけれどそこまでの交通費がかかりますね。」

「高い・・・・」

そうなのですよね。
一般市民にはあまりにも受講費他にかかりすぎるのです。
なにもかも無料の消防の講習には太刀打ちできない部分がそこかもしれません。

それでも必ず満足できる内容だともお話しましたけれど・・
なかなかその理解を得るのは難しいかもしれません。
たぶん一般の方々にとってはAHAの講習も消防の講習も同じ
位置づけにしか思えないと思います。


彼女に聞かれました。
「赤ちゃんが喉になにか詰まらせたら、足を持って逆さにして背中をたたくって育児書に書いてあったのですよー。ホントですか?」
(彼女は子供の年齢的に窒息にすごく敏感みたい・・)

私はとっても驚きました。

すぐ横にあった、自分のストールをちょうど赤ちゃんぐらいのサイズにして、端を持って立ち上がり、その中央部分をたたいて見ました。

「こうしたときに、下にある重い頭はどういう状態ですか?」

「頭が残って背骨だけが・・あ・・・危ない・・・」

「そうですね」


その後色々お話させて頂きました。
少し安心してお帰り頂けたようです。



やっぱり感じるのです。
若い母親たちの不安・・・

もっともっと自分に知識と自信をつけて、乳児や小児に特化した講習を開きたい。
私の身の回りにいるお母さんたちだけでも、相当な人数の受講希望者がいると思います。
それは・・どんなに消防署の方が受講を勧めても響かない。
お母さん同士だから響くというものなのです。

HS-AEDコースと医療従事者

HS-AEDコースを受講してきて感じたことを素直に・・。

私のブースは私と、二人の医療従事者との3名のグループでした。
HS-AEDコースは市民を対象にしたコースなので、とてもたくさんのケースを学ぶことが出来ます。
色々なシチュエーションが準備されています。

そこで、ものすごく感じたこと。

医療従事者は「病院」という限られた(もちろん医療的に恵まれたという意味で)環境で仕事をしているため、病院外でのケースを学ぶのを非常~~苦手にしているということ。

ありとあらゆる病院外でのケースのシチュエーションに対応することに、頭がついてゆかないのです。
彼らにとってはBLS取得のほうが楽なのではないでしょうか。

インストラクターの専門用語も気になりました。
CPAって・・?一瞬思いました。場面から判断して心肺停止状態を意味するのはわかりましたけれど、HS-AEDコースはあくまで市民対象コースであり、医療従事者対象ではありません。
専門用語の使用は100%控える必要があります。


あとHS-AEDコース!
市民対象にした内容では、消防のそれなどとはもう完全に質が違います。
ふらふらになるほどCPRやたくさんのケーススタディ。
ものすごく勉強になります。

BLSとは完全に質を違えた内容に驚きました。
とても高度なカリキュラムだと感じます。

機会があれば、今後のHS-AEDコースの見学、タスクなどに参加させて頂きたいとと強く思いました。

いよいよ今週は・・・

今週の土曜日・・6日にいよいよ最初のタスクに参加して参ります。
案内を頂いて、緊張~~・・・。

名簿を頂いたのですが、またまた唯一の非医療従事者の一覧に怖気づいておりますけれども、
気合入れてがんばります!

・・って書くと「がんばりすぎないで。」と優しいコメントを頂けそうな気がするので、自然体で熱意をもって参加して参ります。
でも・・要項読んでいるだけでも心拍数上がってる
こんなダメダメな私が果たしてインストラクターになれるのでしょうか・・。
ホント・・不安・・

救急蘇生術:人工呼吸は不要 心臓マッサージに効果あり 

突然意識を失って倒れた人を蘇生させるための応急手当は、心臓マッサージだけで効果があり、従来勧められてきた人工呼吸は必要ないことが、日本救急医学会関東地方会の研究班(班長、長尾建・日本大駿河台病院救命救急センター長)の調査で分かった。こうした人の救命には、そばにいた人の蘇生措置が大きな役割を果たす。人工呼吸には、口と口の接触に抵抗感を持つ人も多く、蘇生措置の実施率向上にもつながりそうだ。

 研究班は02~03年、関東各地の58病院と救急隊の協力を得て、そばに人がいる状態で突然心臓が止まって倒れ、救急車で病院に運ばれた18歳以上の患者4068人を調べた。そばにいた人から人工呼吸と心臓マッサージを受けた患者が712人で、心臓マッサージだけを受けた患者は439人。救急隊到着まで蘇生措置を受けなかった患者が2917人だった。

 倒れてから30日後の時点で、介護なしで日常生活が送れる状態に回復した割合は、両方受けた患者が4%、心臓マッサージだけの患者は6%で、人工呼吸なしでも変わらなかった。一方、蘇生措置なしの患者は2%にとどまった。

 患者の約9割を占めた救急隊到着時に完全に呼吸が停止していた人に限った分析では、回復率は心臓マッサージだけの患者が6%だったのに対し、両方受けた患者は3%で、心臓マッサージだけの患者の方が回復率が高いとの結果になった。

 また、蘇生措置の6割以上は一般の人が、残りは通りがかった医師ら医療関係者が実施したが、効果に差はなかった。

 人工呼吸は不要との結果について、長尾班長は「呼吸が止まっても12分程度は血液中の酸素濃度がそれほど下がらないことや、心臓マッサージの際の胸の動きで、空気が肺に送り込まれることなどが考えられる」と話している。

 心臓マッサージは、患者の意識がないことや呼吸が止まっていること、あえぐなど普通ではないことを確かめた後、両方の手のひらの付け根を患者の胸の中央に重ねて押す。体重をかけ深さ4~5センチまで胸をへこませた後、力をゆるめて元に戻す。これを1分間に100回のペースで繰り返す。救急隊が来るか、AED(自動体外式除細動器)が届くか、患者の体が動くまで続ける。1人では消耗するため、2分程度をめどに交代で行うとよいという。【高木昭午】

英文を読む
毎日新聞 2007年9月27日 15時00分 (最終更新時間 9月27日 15時04分)


*******



救急医学会で発表されて、口対口の人工呼吸が無意味だと証明されたら、
次のガイドラインでは人工呼吸はなくなるかもしれませんね。

でも2分200回は本当に限界・・・・。
一人だったらどうなっちゃうんだろう。。

やはり、優秀な一般市民バイスタンダーを多く輩出するしかないようですね。

がんばりたいと思います。

心肺蘇生術:死球の男児助かる 救命士らの連携で 長崎

17日午前11時半ごろ、長崎県諫早市森山町の森山グラウンドであった少年ソフトボール大会高学年の部で、打席に立った市内の小学6年の男子児童(11)が胸に死球を受け、一塁に向かおうと約10メートル走ったところで突然倒れた。心肺停止状態になったが、隣のグラウンドに偶然いた小浜消防署(同県雲仙市)の男性救急救命士(35)と女性看護師2人が応急の心肺蘇生術を施し、回復に向かっている。

 救急救命士は低学年の部の試合に出場していた児童の保護者。隣のグラウンドで男児が倒れているのを知って駆けつけ、人工呼吸と心臓マッサージをした。近くには別の児童の保護者である看護師2人もおり、3人が交代で9分間マッサージをした。

 救急車が到着し、AED(自動体外式除細動器)を使い、心肺は蘇生した。男児はドクターヘリで同県大村市の長崎医療センターに搬送された。

 県央消防本部(諫早市)によると、心臓マッサージなどがなければ、蘇生は難しく「適切な蘇生措置ができたので、AEDで心肺が回復できた好例」としている。

 この救急救命士は「1人でのマッサージは2分が限度で、看護師さんの応援がありがたかった。何より男児の命を救えたのがうれしい」と話している。【柳瀬成一郎】

毎日新聞 2007年9月17日 21時21分 (最終更新時間 9月18日 0時06分)


********


こういうニュースを見るたびに、一次救急の大切さを思い知ります。
この男の子は運が良かった。。
でも、運が悪ければ大切な命の火が消えるのです。

誰でもみんながCPR(心肺蘇生)出来れば運がいいとか悪いとかじゃなくて、
助かる命が当たり前に助かる。

私はこのことの大切さを伝えてゆきたいと、強く強く思うのです。


そしてまた・・こんな記事もあります。


AED「増設だけでは救えぬ」--千代・日赤救急部長 /和歌山
9月15日16時3分配信 毎日新聞


 ◇心臓マッサージや119番も必要--一体的な知識普及を
 停止状態になった心臓の鼓動を電気ショックで正常に戻すAED(自動体外式除細動器)。04年に一般人も使えるようになってから急速に普及し、多くの場所で見かけるようになった。しかし、「増やせばいいというものではない」と指摘するのは千代孝夫・日赤和歌山医療センター救急部長。「AEDと同時に行わなければならない心肺蘇生法(心臓マッサージと人工呼吸)の講習、119番通報の徹底など、一体的なシステムを構築しなければ蘇生率は上がらない」と話す。
 今年5月、県内のある工場で、勤務する53歳の男性が倒れた。同僚らは備え付けのAEDを使ったが、心臓マッサージや人工呼吸は行わず、119番通報もAEDの後だった。蘇生率は発症から1分ごとに10%下がる。男性は病院に運ばれたが死亡した。千代部長によると、こんな例は珍しくないという。05年の愛知万博では、AEDを300メートル間隔で約100台設置。5人に使われたが、助かった4人にはいずれも医師や医学生、元看護師らが実施。AEDだけの成果とはいえない。
 県内にAEDは今年7月1日現在、役所や学校、病院など398カ所にある。全国では約6万カ所に上るという。しかし、循環器内科医らで作る「ハートケア情報委員会」によるインターネット調査(06年10月)では、AEDを「知らない」が53・8%と半数以上。さらに、目の前で人が倒れたとき「AEDを使う」は13・8%に過ぎない。
 口に口をつける人工呼吸も、救命をためらう大きな理由の一つ。ただ、心臓マッサージだけのほうが救命率が高いとする研究もある。千代部長は「人工呼吸を義務付けて蘇生率が下がったら意味がない。心臓マッサージとAEDによる心肺蘇生が期待される」と言う。
 消防庁によると、AEDに関する講習を受けたのは、05年1月~今年3月に全国で累計約530万人。このうち06年度は約304万人、県内は約3万5000人だった。蘇生法は年々見直しが進むため、知識の更新が必要だ。千代部長は「AEDは魔法の箱ではない。しかし、ハード面での安全は確立している。まず行動を」と呼びかけている。【辻加奈子】

9月15日朝刊

最終更新:9月15日16時3分


********


やはり、一般市民による救命講習の必要性は、とても高いです。

今回の野球の少年もたまたま救急救命士や看護師が傍にいたからよかったものの、いなかったら助からなかったかもしれません。。

救急医学9月号と・・

めっつぇんばーむさんのブログで拝見して、注文してみた
へるす出版「救急医学 2007年 9月号」
が昨日手元に届いた。

初めて医学専門雑誌を手に取り、ざっと目を通してみたが、前半3分の1は私のレベルでもしっかり理解出来る内容だったことに加え、興味深い内容が盛りだくさんだった。

普段知ることのないAEDの歴史などは、非常に面白いと感じた。(このへんが素人なのだけど(*・・*))

この本はめっつぇんばーむさんがおっしゃる通り、次のガイドラインが発表され落ち着くまで、何度となく手にする機会があるだろう。
BLSに携わる人には、医療従事者でなくても手にして欲しい本だと感じた。


*******


☆裏話☆

この本を買おうと思ったものの、どこにどうして売ってるのかわりませんでした。
近所の本屋さんに問い合わせると、「専門誌なので一ヶ月以上かかりますよ~」とのこと。
そんなの待てない~~!!(←気が短い。欲しいものはすぐ欲しい)
もう一度ネットで検索したら、出版元がヒット!
出版社のページをよーーくみたら、TOPページの中央右側に「雑誌、書籍のご注文」のアイコンを発見
これちょっとわかりにくいって・・・と思いつつクリック♪
またでたーーーっ!
「所属」しかも必須!
仕方がない・・・BLSのときと同じように、自分のサロンの名前を書いちゃった(*・・*)
今度は「主婦」とでも書いてみようかしら・・

すぐに届きました^^
普通に・・問い合わせもなく(笑)
ご購入予定の方は出版元から購入が早いようです。
送料も書籍なので安かったです。

そして、時を同じくして、救急とは全然関係ない世界に生きていらして、
でも私の勧めで消防の普通救命講習→上級救命講習を受講。
三重県某市で「市民救急の家」とかに指定されちゃった友人から
HCP取得のお祝い?として某車会社の「救急セット」をプレゼントして頂きました。
(付属していた冊子はG2000でした)
これがなかなかの内容で、手袋、三角巾、薄型の保温シーツまで入っています。
車に積んでおこうと思います。



救急医学

カードが届いて・・

9月6日・・とうとう待ちに待ったカードが届いた。
ずっしりと重みを感じた。

欲しくて欲しくて・・やっと手にして・・
でも、なんだかそれはあっけないほどで・・。

「やっと取れた」
と言うよりも、「これから」のことを想像するとくらくらしそうになった。

カードが届いた記念に、このブログを開設。
AHA BLSに関わる方たちと、同じ土俵で横につながりを持ち、
情報交換の輪に入りたい!と思ったから・・。
このブログがこれからの私に、いっぱい奇跡の出会いをくれると信じて・・。


*******


今はこの時点です。
これからはたぶん更新がゆっくりになってゆくと思いますが、
日々想いはいっぱいで、頭の中でぐるぐるしています。
変わらずよろしくお願い致します。

本業と医療を結ぶ、メディカルアロマの勉強を進めています。
医療関係者の方々が多い中でこういうお話はいかがなものかと思いますが、
疲れたときや、ちょっと頭が痛いな・・というようなとき・・
精神的にしんどいときなどなど・・
お薬に頼るほどではないのだけれど・・・
という症状のとき、ゼヒご相談ください♪

有効なエッセンシャルオイルの調合をご紹介をさせて頂けると思います。
しかしながら、アロマの世界は全て「自己責任」が絶対です。
その点だけはご理解ください。

あなたの暮らしに香りはいかがですか・・?
日々のお仕事でお疲れになられた身体に
とても優しく語りかけてくれるはずです

もちろん営業目的ではありませんので、ご相談は全て無料です(笑)
私はエッセンシャルオイルの販売もしておりません。
良心的な価格で販売していらっしゃり、私も利用しています
ショップのご紹介はさせて頂けます。
アロマのエッセンシャルオイルは、販売店によって
ものすごく価格差があります。
下手すると倍以上のお値段がついているお店もあります。
業務用販売のお店は良心的で、小売も対応してくださいます。


ご相談はこちらまで・・♪
sweet-teatime@mail.goo.ne.jp

非医療従事者のインストラクターについて想うこと

少し、過去のことから離れて、現在の私が考えることを・・。

非医療従事者がインストラクターになって、さて・・いったいどこまで求められるのか・・。
ということを考えてみた。

BLSforHCPのコースというのは、やはり医療従事者向けに出来ている。
ACLS(医療従事者による二次救急)を受講するための条件にもなっている。

BLSforHCPコース指導の際、受講者からなんらかの質問を受けたとする。
まだまだ受講者の9割以上・・・もしかしたら100%が医療従事者であるということも少なくはないはず。

インストラクターが受講者のある質問に対して
「私は医療従事者ではないので、わかりません。」
「ちょっとお待ちください。聞いてきます。」

果たしてこの返事は許されるのであろうか。
許されない!と断言するほどではないにしろ、
自分自身の知識のなさに、滅入り、やっぱり適当ではないんだと
落ち込むことは簡単に想像出来る。

じゃあ出来ることはなにか・・
想像出来る限りの疑問に対して、答えられるよう自分が学ぶしかない。
じゃあそれはどこで掴むか・・タスクを重ねるしかない。
あらゆるケースを見て、聞いて、感じて・・(どこかで聞いたことある台詞ですね!(笑))
自分のものにしてゆく・・。
そして、タスク中に疑問の思ったことや、わからなかったことは
積極的に先輩インストラクターに教えてもらうようにしなければならない。
どんな些細なことでも・・。

それが、高い受講費を支払って来てくださる熱意ある受講者の方々に対しての必要最大であり、当然の努力である。



さて・・視点をもっと一般市民に向けてみよう。
私はインストラクターになったとして、AHAのBLSforHCPコースの指導だけにあたる気はない。
もっともっとどんどん一般市民に救命の連鎖の第一歩を踏み出せるよう、市民に優しい指導員になりたいとも思っている。
逆に言えば、その想いが「BLSインストラクターになりたい!」と思った原点である。
そして無理のない範囲でボランティア活動もしてゆきたい。
だって、救急の最前線は一般市民バイスタンダーなのだから。


AHA BLSforHCPのすごいところは、完全にシステム化された無駄のない完璧な指導である。
じゃあこれをこのまま一般市民に向けてしまったら・・。
きっと質が高すぎて、まっさらの方々には何がなんだかさっぱりわからないまま時間が過ぎてゆくことになるだろう。
だからHeart Saver AEDのコースも設けられているのである。

AEDコースは10月6日に受講予定であるが、これが本当に何の知識もない一般市民が最初に受けて、無理のない内容なのかどうか、非常に楽しみである。

私のような非医療従事者であっても、BLSを受講するまでにはたぶんみなさん、それぞれの経験や各種救急の受講や知識や必要性や・・
色々なバックボーンをお持ちに違いない。

そうでないとBLSforHCPのテキストを見たところで、わからないことだらけだろう。
予習すらもままならないはずである。


私は、BLSforHCPのインストラクターになるということは、どこの講習で指導に当たったとしても、受講者のありとあらゆる質問や疑問に答える能力を有するということだと思う。

そこにAHAの指導内容の素晴らしさや、インストラクターになるまでのこれでもか・・と言うぐらいの段階を踏む必要性の意味がある。
タスクに○回参加したからはいどーぞ。とパスをくれるものではないシステムにも素晴らしさを感じる。
知識、行動、熱意・・他にも人としての性質や色々あるかな・・
それら全てが認められて初めて、コアインストラクターに認定されて、インストラクターコースの受講許可がおりるのである。
また受講したからと言ってすぐにインストラクターになれるものではないし、
モニターをして、(きっと私はここでもしっかり足止めされるだろう)本当にたくさんの「試練」を潜り抜けてやっとインストラクターになることが出来る。

だからAHA BLSforHCPなのである。
これは実際受講してみて、心底感じたこと。
本物の中に自分が見えた瞬間だった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。